漫画喫茶での集客、メール販促をお考えならピーカチ

サイトマップ お問合せ 
携帯販促 成功事例
オフィシャル
サービス
製品案内
導入事例
会社案内

トップ
携帯販促成功事例 P+KACHI NEWS > NO.19 コミック&インターネットカフェ チャイガーデン


P+KACHI NEWS

P+KACHINEWSは、携帯販促サービス「ピーカチ」を導入頂き、携帯会員の獲得からメルマガの配信、携帯ポイントの
発行など実際に携帯販促を体験して頂いている現場のご担当者様に、効果的な販売促進方法や来店促進方法など
インタビューさせて頂き、記事にしております。

携帯販促は導入後の効果測定が一番の重要ポイントとなります。
本ニュースにて実際のプロモーション手法やキャンペーンの内容、販促メールの内容に至るまで、
実際にどれくらいの効果があったかをご覧頂き導入をご検討いただければと思います。
モバイル販促を導入することでの販促経費の削減はもちろん、アンケート調査を行うことの重要性、
リピーター獲得による売上げアップへのマル秘集客術などモバイル販促成功事例から失敗事例まで包み隠さず
公開されております。
インタビュー内容はそのままを記事として掲載している為、一部読み難い箇所もありますが、予めご了承ください。

今回のピーカチニュースは現在ピーカチを広島市中区で導入していただいております
「コミック&インターネットカフェ チャイガーデン」の大谷社長に取材をさせて頂きました





一年経ってもアドレス保有率 脅威の90%以上
楽しいキャンペーンと退屈させないメールで囲い込み!クーポン利用は月に100人!

━まずは会員数1800人突破おめでとうございます。

 ありがとうございます。

━今の時代ってなかなか携帯のメールアドレスって集まらないじゃないですか?
だからこの数字は本当すごいと思いますよ。
本日はよろしくお願いします。


 こちらこそ宜しくお願いします。

━それではピーカチを導入した理由を聞かせて下さい。

 DMなどは効果が薄く、費用もかかっていましたし、インターネットを使ってDMを出すことができないかなと思ったのが最初の理由ですね。
うちはインターネットカフェだし、こういった携帯販促がピッタリじゃないかと思いました。

━ではピーカチを導入するにあたって不安な点はありました?

 お客様が本当に会員になってくれるのか、どういったトークをすれば会員になってくれるのかが不安でしたね。

━ピーカチを導入して変化した点はありますか?

 大きな変化で言えばやはりDM発送からメール配信に移行した点ですね。
更にメール配信に関して言えば導入してすぐは頻繁なメール配信を避けていました。
正直な所お客様が嫌がるんじゃないかと思ってね。
でも今は思いついたらすぐにメールを配信するようにしています。
まず配信してみて、そのメールを見てのお客様の反応を見ることが大切なんじゃないかと思っていますし。
今ではメールは週に2回か3回は配信しています。

━実際お客様の反応は?

 嫌がるどころか喜んでもらってます。

━スタッフの反応はどうですか?

 そうですね、お客様に情報がリアルタイムに伝わるということには、びっくりしているようです。
お客様から「メール見たよ」って言われるとスタッフは気分いいみたいですしね(笑)

━ではスタッフの育成にも役立っているということですね。

 そうですね。
やはりスタッフのモチベーションは上がりますね。
他にもメールでアルバイトの募集もできるし、まだまだ使っていない機能もあるので、これからもっと使えるようになっていきたいですね。

━お客様へのオペレーションはいつどのようにされていますか?

 新しく入ってきたお客様には個別で入会指導していますね。
キャンペーン中はいったん精算して、再度入店された方にもカードを渡しています。
これは再度入店したときにカードをもらえなかったというクレームがあったために改善しました。
カードは「一人に一枚」ではなくて、「精算毎に渡す」という意識を徹底することによって、不公平ではなくなるんではないかなと。
夏のキャンペーンの時はみなさんカードを貰うのを本当に楽しみに来てくださってましたので、今回のキャンペーンではもっと楽しんで頂けるようにと考えています。

━お客様にカードを渡したときの反応はどうですか?

 年齢層にもよるんですが、若い人にはすんなり受け入れられていますね。
年配の方だとしっかり説明をしないとやってくれないこともありますね。

━ピーカチに入会する主な年代は?

 最近は個人情報保護法も施工されましたので、メールアドレスを人に教えるのに抵抗がない20代、30代の方が比率でいけば多いですね。

━では会員の年齢層は若い人が多い?

 基本的には客層からもそうなりますが常連客はポイントを集めるのが楽しみなので、あまり年齢層関係なく会員になって頂いてます。
今まで以上に新規のお客様にもカードを使って頂こうということで、今回の宝くじキャンペーンを開催しました。
キャンペーンに興味を持ってもらうと同時に会員登録して頂く。
新規のお客様にたくさん参加して頂いたら今回の宝くじキャンペーンも成功ということになるんじゃないかと思っています。

━宝くじキャンペーンといえば定期的に開催されていますが、反響は?

 夏に行ったキャンペーンはうまくいったと思っています。
この冬に行うキャンペーンでは、夏のキャンペーンのときの反省点をふまえて、今以上に新規の会員を増やせたらなと考えています。
そしてゆくゆくはチャイガーデンはいつも何かイベントをしてる、というイメージ作りをしたいと思っています。 

━ピーカチの機能の中で一番利用しているのは? 

 やはりイベントの告知などができるメール配信機能ですね。

━ピーカチを使っていて一番よかったと思うことは?

 急なイベント等を開催することになったとしても、すぐ会員の皆様にお知らせできることですね。

━今までに一番反響のあったメールは?

 アンケート配信が一番反響がありましたね。
アンケートは3ヵ月に1回配信して回答してもらってます。
でもこれからは2ヵ月に1回とか、1ヵ月に1回とかに回数を増やしていくことでお客様の声にもっと耳を傾けていきたいですね。

━お客様の声を最優先にしているんですね。

 そうですね。
はじめてお店に来られて、チャイガーデンを気に入ってくれたお客様はまた来て頂けますが、気に入ってくれなかったお客様や不満を持ったお客様はもう来ない。
そういったお客様をリピーターに繋げる為にもお客様の生の声でもあるアンケートの結果を最大限反映させマイナス要因をプラス要因にしていかないといけないと思っています。

━お客様からのアンケート結果を見たときの感想はどうでしたか?

 今回はボジョレヌーボーの試飲会についてのアンケートをとってみたのですが、アンケートに回答してくれ、更に来店してくれるお客様。
これがチャイガーデンのお客様だと実感しましたね。

━ではピーカチを使う上で、気をつけている点はありますか?

 メールで使用する言葉に誤字脱字がないように気をつけています。
あとは退屈させないようなメール文章を心がけています。
「今度はなんだろう?」と思われるような表現を使うようにしています。
今月末から始めた工夫としてはメールの最後に担当者の名前を書くことですね。
すると店内でそのメールを受信した人は「あぁ、この人がメールを書いたんだ」と思ってくれる。
そうするとスタッフとお客様の間に親近感がわき、お客様との距離が自然に近くなるのではないかと思っています。

━ピーカチを使っていて改善してほしいと思った点はありますか?

 クーポンの画面が一目ではっきり分かるように、画面の背景色に赤とかの色をつけてほしいですね。
それだと一目で分かりますので。

━なるほど。ちなみに一ヶ月にクーポンを使用される方はどれ位いらっしゃいますか?

 うちは結構多いですよ。毎月100人くらいには使って頂いてますね。

━一番多く使用されているクーポンはなんでしょう?

 「延長30分」ですね。

━クーポンを使用する年代で多いのは?

 20代後半ですね。
しかもうちでは男性の方がクーポンを使用する人が多いようです。
ポイントを貯めてばかりの人もいるので、今後はそういうお客様に対してクーポンの使い方や、クーポンの種類を紹介して使わせる仕掛けをつくりたいと考えています。

━ピーカチに対してする質問では何が一番多いですか?

 特にはないのですが、入力のときにうまく入力できないとかの質問はちょこちょこありますね。
そのときはスタッフが説明に向かいます。

━ピーカチに対してクレームなどはありますか?

 特にはありませんね。

━チャイガーデンさんは一年経った現在でも生きているアドレスの保有率が90%を超えているという脅威的な数字を残しておられますが、これって本当すごいですよね?

 えっ、これってすごいんですか?(笑)
インターネットカフェという場所柄、携帯販促に対しての拒否反応は少ないと思いますしピーカチなら当たり前って思ってましたよ。
まあ欲言えばもうちょっと入会してくれてもいいんじゃないかと思っています(笑)

━宝くじキャンペーンに続く新企画は何か考えてらっしゃいますか?

 いまは宝くじキャンペーンを定期的に開催していき、お客様から要望があれば次のイベントを考えていこうと思っています。
その際も他店にはない、チャイガーデンにしかないイベントにしようと考えています。

━じゃあ会員数2000人突破を目指しこれからも楽しいお店であり続けて下さい。
お客様の性別、年代の比率は?


 男性が多いのですが、女性のお客様も最近増えてきましたね。
女性の比率が2,3割だったものが4割近くにまでなってきています。
夜は男性が多いのですが、昼はOLなども来ますね。
年代は20代から30代半ばまでの人が中心ですね。

━チャイガーデンのいいところを教えてください。

 悪いところはありません(笑)
今一番力をいれているのは、お客様の満足度を重視しています。
お店に入るときと、帰るとき。
この2回は必ずお客様と接するときなので、そのときに「来てよかった」と思っていただく。
その点を一番大事にしています。

━一番大切にしているものはなんですか?

 接客をしっかりしていくのは当たり前ですが、特に重視しているのはトイレの清潔感ですね。
常に綺麗であること。

━チャイガーデンの今後の展望とは?

 いいイメージをお客様に与え続けることですね。
とにかくお客様をあきさせないように。
たとえば「チャイガーデンギャラリー」などですね。
もっと表現の場を作っていきたいですね。

─これからも頑張って下さい。本日は本当にありがとうございました。

ありがとうございました。

 P+KACHI NEWS:VOL.19
 PDF版/366KB
 ダウンロード




nterviewer :
株式会社ピーカチ 営業部リーダー 船本 玲



SHOP INFORMATION:
コミック&インターネットカフェチャイガーデン
住所:広島県広島市中区胡町5-12 5F
営業時間:24時間 年中無休
TEL:082-545-7735

ピーカチでは飲食店を始め、美容室、エステ、物販、レジャー施設、温浴施設に至るまで
様々な業種業態での成功事例を多数ご用意しております。
携帯販促、メルマガ配信、ICリーダーを使った携帯ポイント、スマートフォン販促など
集客やリピーターの獲得、販売促進等にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



画面上へ

※下記1つでも当てはまる場合は
お気軽にご連絡下さい!!

資料請求
携帯販促成功事例
ピーカチカードサンプル
機能一覧
選ばれる理由
携帯販促の失敗と成功
代理店募集
利用ユーサー100万人突破
ピーカチはこれまで培ったノウハウと豊富な携帯販促成功事例を活用し、導入後もしっかりサポート致します。

以下様々な業種・業態でケータイを活用した、メール販促・ポイント販促・クーポン販促・顧客ランク別販促などをご活用頂けます。

グルメ系
┣居酒屋
┣各種レストラン
┣焼肉などの専門店
┣創作料理店 
┣ファーストフード
┗宅配サービス

物販系
┣アパレル
┣スーパー
┣雑貨屋
┣ドラッグストア
┣酒屋
┣本屋
┣通信販売
┗携帯電話販売

その他サービス系
┣美容室
┣エステ
┣ネイルサロン
┣ガソリンスタンド
┣クリーニング
┣レンタルショップ
┣ペットショップ
┣アミューズメント
┣ゲームソフト販売
┣温浴施設
┣住宅・不動産
┣自動車
┣ホテル
┣スキー場
┣専門学校・学習塾
┗各種雑誌媒体

日本全国どこでも利用できます
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 新潟県 石川県 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 福井県 長野県 富山県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

※ピーカチは来店顧客を囲い込みリピート化させることの出来る、利用ユーザー100万人の携帯販促システムです。
資料請求
Officialサービス製品案内イベント情報導入事例会社概要個人情報方針ビジネスパートナーピーカチSNSお問合せ
Copyright© 2006 P+KACHI inc. All rights reserved.